星と植物を軸に、隠し味に音楽もイメージソースに加えた濱 美奈子オリジナルの占星術連載。今回は、来る2022年、そして始まったばかりの「風の時代」に、豊かな実りを共に喜ぶための2021年下半期の運気を生かすヒントと、各星座ごとの運気の流れをサポートするアロマを紹介

BY MINAKO HAMA, ILLUSTRATIONS BY HIROSHI KATO

牡羊座( 3/21~ 4/19生まれ)

基本的性質
牡羊座は火の星座で「情熱と闘争の火星」を守護星にもち、血気盛んでやんちゃな性質です。そんなあなたのフレンドリー・プランツは、熱く刺激に満ちたペッパー。恐れを知らない純粋さ、率先して人の先頭に立つ行動力、モチベーションが高く積極的なあなたを象徴します。

画像2: 濱 美奈子
ハーモニー占星術
2021年下半期

2021年下半期の運勢

全体運
昨年末から木星と土星が「未来と仲間」の領域をアップグレード。その流れの中にいるあなたにとって、これからの半年間は、今後をともにできる友人関係を築いていくためのチャレンジ期間となります。8月頃から良い出会いに恵まれる一方で、9月15日から攻撃的な火星、9月27日からは水星の逆行が対人関係の部屋で起こり、10月末までは不本意な出来事も起こりやすく、ストレスを感じる場面が増えるかもしれません。
苦手なタイプの人と向き合うことも増えそうですが、12月29日に木星が次の「無意識」のエリアに移動すると、2022年には潜在的な可能性を引き出しながら、次の飛躍に備える準備の期間に入ります。2021年の下半期は人間関係でいろいろあっても、人との違いや対立を乗り越えるための“思いやりを学ぶ機会”ととらえてみて。それは、来年以降のあなたをさまざまな愛で包みこむ運気の土台となっていくでしょう。

仕事・金運
下半期は、未来の選択肢を少しずつ広げるための準備期間となります。独立や転職を考えている人は、今のうちに協力し合える人脈を作っておきましょう。金運は自分の利益にこだわり過ぎると波乱気味に。人を喜ばせることで運気が上がっていくでしょう。

健康運
エネルギッシュに動けますが、忙しくしているうちに体調を崩してしまうことも。ストレスが消化器系の症状に出そう。不調を感じたら早めのチェックとケアを心がけて。

愛情運
夏から秋にかけて新たな出会いに恵まれる運気。友人が急に恋愛の対象に見えてくることも。10月末から12中旬はパートナーとぶつかっても、忍耐力を持って愛を深めていって。やきもちは二人の愛を深めるスパイスになりますが、相手を責めない冷静さを心がけて。

下半期のラッキーアロマ
下半期は、人と人がおりなす“ロンド”が牡羊座を包みます。お互いの個性を受け入れ、対等な関係性を育むことが、年末からの上昇気流に乗っていくカギとなりそう。この時期の牡羊座をサポートするのは「ユーカリ」のアロマ。すっきりとしたユーカリの香りは、心のよどみを洗い流し、ニュートラルな気持ちを保つことをサポート。疲れたときは、ディフューザーでお部屋を香らせてみて。

濱 美奈子 ハーモニー占星術 2021年下半期 TOP へ

※ 掲載商品の価格は、特に記載がないかぎり、「税込価格」で表示しています。ただし、2021年3月18日以前に公開した記事については「本体価格(税抜)」での表示となり、 掲載価格には消費税が含まれておりませんのでご注意ください。

 

This article is a sponsored article by
''.